黒豆からイソフラボンを摂取する

イソフラボンには美容にも健康にも役立つ成分がたくさん含まれているのは有名で、大豆食品にたくさん含まれていることもよく知られています。
その中でも「黒豆イソフラボン」は特にその効果が高いといわれています。

大豆というと茶色い豆を思い浮かべる人が多いと思いますが、黒豆も大豆の仲間です。
黒豆イソフラボンも大豆イソフラボンの仲間なのですが、黒豆には他の大豆に比べ、より多くの栄養素が含まれているのです。

まず、黒豆の黒色のもとであるアントシアニンが含まれています。
アントシアニンには美肌効果はもちろん、血液をサラサラにしたり細胞の酸化を防ぐ効果もあります。

アントシアニンの黒色はポリフェノールの一種です。
ポリフェノールに高い栄養があるのもみなさんご存知かと思います。

この他、黒豆には基礎代謝をアップさせる大豆ペプチド、食欲を抑える大豆サポニンや不溶性食物繊維が含まれているため、高いダイエット効果が期待できます。
また、大豆に含まれる良質なたんぱく質は肌荒れや髪のパサつきを防止する効果もありますし、腸内の善玉菌を増やすオリゴ糖まで含まれているのです。

他の大豆でもさまざまな美容や健康効果を得ることができるのですが、黒豆ならそれだけで他の大豆よりもはるかに多くの栄養素を摂取することができるというわけです。
大豆食品というと豆腐や納豆、きなこなどが思い浮かびますが、黒豆を使った食品というとさらにたくさんあるのではないでしょうか。

例えば黒豆茶や煮豆の他、黒豆はケーキや和菓子にも多く使われています。
美容や健康のために大豆食品を積極的に摂取する場合、豆腐や納豆に飽きたら黒豆を使った食品を食べるのもおすすめなのです。

ただし、イソフラボンの1日の摂取量には制限があります。
毎日大量に食べ続けると乳がんになりやすいなどの副作用を引き起こす恐れがあります。

毎日バランスの取れた食生活をしている人は、無理に大豆食品をたくさん食べる必要はありませんが、食生活が乱れがちの人はサプリメントを取り入れるのもいいでしょう。
イソフラボンサプリを購入する際は口コミも参考にしてみましょう。