イソフラボンのボディソープとは

最近、イソフラボンを使用した化粧水やボディソープが発売されていて、美容に敏感な女性の間で注目を集めています。
イソフラボンを使用した化粧品やボディソープには「豆乳発酵液」というものが配合されています。

「豆乳発酵液」とはどんなもので、どんな効果があるのでしょうか?

豆乳発酵液はその名の通り、豆乳を発酵させた液体でイソフラボンを豊富に含んでいます。
そもそもイソフラボンは植物に含まれる天然成分で、葛やクローバーなどにも含まれていますが、大豆に多く含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンととても似た働きをするため、更年期障害や骨粗鬆症を予防する働きがある他、抗がん・抗酸化作用や脂質代謝を改善する働きもあります。
そのため、大豆製品を積極的に食べるようにするといいといわれていますが、このイソフラボンを多く含んだ豆乳発酵液を皮膚にぬると高い保湿効果を得ることができるのです。

それだけではなく、シミやシワの原因となるメラニンを抑える働きがあることもわかっています。
また、年齢と共に減少するヒアルロン酸を生成する働きもあるため、ヒアルロン酸配合の化粧品やボディソープを使うより直接的な効果を得ることができます。
そのためイソフラボンでアンチエイジングができるのです。

大豆製品の中にはイソフラボンが豊富に含まれていますが、普通に抽出しただけでは分子が大きいので肌への浸透は難しくなります。
それが発酵させることで分子が小さくなるので、肌への浸透力もより大きくなるのです。

大豆発酵液が配合されている化粧品は肌に潤いを与え、シミやソバカスの予防もしてくれます。
ボディソープは配合されていないものに比べて、保湿効果が高いので乾燥しやすい肌の方におすすめです。

入浴後、そのままにせずに肌がまだ濡れた状態でボディローションやボディクリームを塗ると、さらに肌への潤いがキープできます。

豆乳発酵液は大豆から抽出された天然由来の成分なので、豆乳発酵液が配合されているボディソープやシャンプー・リンスは大人だけでなく、子どもにも安心して使うことが出来ます。
肌が乾燥すると炎症が起こりやすくなり、刺激にも弱くなるので天然成分である豆乳発酵液が配合されているボディシャンプーはおすすめです。

イソフラボンサプリの美容健康ランキングもあります。内面から摂取する際には参考にしてみましょう。