イソフラボンとエクオールの生成について

エクオールは、大豆製品に含まれる大豆イソフラボンが変化してできる物質のことで、女性ホルモンに似た働きをするため、更年期障害の症状を和らげたり、骨粗鬆症や成人病予防、美肌効果などもイソフラボンにはあり、最近注目され始めた物質です。

エクオールは摂取したイソフラボンが腸内細菌によって変換してできる物質です。
このエクオール、誰もが生成できるというわけではありません。

腸内でイソフラボンからエクオールに変換できる人は、腸内細菌が活発に働いている人だけです。
腸内細菌が活発に働いていない人は、大豆食品などからイソフラボンを摂取しても、イソフラボンのまま体内に吸収されることになります。

エクオールを腸内で生成することが出来る人は、日本人や中国人で約50%、欧米人は20~30%と言われています。
日本人や中国人は欧米人に比べて、大豆食品を多く食べるからです。

日本人の場合、2人に1人がエクオールを生成できることになりますが、大豆製品をあまり食べない傾向にある10代や20代の若い年代の人は生成できる比率が低くなってきているようです。
ある企業の調査によると、日本人でも40代以上の人はほぼ半数がエクオールを生成できるのに比べ、30代未満になると4人に1人しか生成できないという結果が出ています。

年齢が高くなるにつれて体内の女性ホルモンは減少するため、40代以上の人の多くがエクオールを生成できるというのは大変良いことです。
また、エクオールは大豆を毎日食べている人の方が作れる人の割合が多くなるため、年代が高くなればなるほど、できるだけ毎日大豆食品を食べるようにすると、より効果的だといえます。
また、エクオールは緑茶をよく飲む人の方が作れる人が多く、タバコを吸ったり、乳製品を多く摂取する人は作れない人が多いようなので、こういったところにも気を付けていくと良いでしょう。

年齢が高い人の方がエストロゲンと似た働きをするエクオールを生成できる人が多いというので、年齢と共に減少して来るエストロゲンを補うのには好都合という見方もありますが、若い世代の人たちも食生活を改善していくようにしたほうが良いでしょう。
イソフラボンで生理不順も改善するので、女性は積極的に摂取したいものです。