イソフラボンでイライラが改善できる?

女性は更年期になると、些細な事で怒りっぽくなったりイライラしやすくなったりします。
これはホルモンのバランスの影響です。

更年期になってホルモンバランスが変化してくると精神にも影響が出てイライラしやすくなってしまうのですが、イソフラボンにはそのイライラを抑える効果があります。

生理の前にイライラしやすいという経験をしたことがある女性は多いはずです。
女性の場合、ホルモンバランスの乱れは精神にも影響を与えてしまいます。

更年期になると女性ホルモンの分泌が減少してくるため、生理の前のイライラとは比べ物にならないくらいのイライラを長期間感じる女性も少なくないようです。
女性の更年期は45歳前後ですから、家事・育児・仕事で一番忙しい時期と重なります。

症状がひどくなると、うつ状態に陥ることもあります。
こういった症状に、大豆製品などから抽出できるイソフラボンが効くと言われています。

イソフラボンは女性ホルモンの代わりの働きをしてくれるのです。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。

生理中はどちらも同じバランスで分泌しているのですが、生理が終わるとエストロゲンが多く分泌し、生理前になるとプロゲステロンが多く分泌します。
生理の前にイライラするのはプロゲステロンが原因です。

更年期になるとエストロゲンがどんどん減少してしまうので、プロゲステロンが増える生理前と同じ状態になりイライラがずっと続くことになってしまいます。
そこでエストロゲンに似たイソフラボンを積極的に摂取すると、この症状を効果的に抑えることができます。

女性ホルモンにはホルモンバランスを安定させる働きだけでなく、カルシウムの流出を防ぐ効果もあるため骨粗鬆症の予防もできるので、更年期にイソフラボンを摂取するのは大変良いことです。

生理前のイライラだけでなく、美容にも効果が高いと言われてるイソフラボンですから、積極的に摂取したいと思う女性は多いと思います。
ただし、月経がある女性の場合は体内で女性ホルモンが分泌しているので、イソフラボンを積極的に摂取するとホルモンバランスを崩すことがあります。
生理前や更年期の症状が気になる前に予防として普段からイソフラボンを摂取しておきましょう。