イソフラボンで美容を

大豆に含まれるイソフラボンという物質が、女性の美容と健康に大変効果的ということが分かって以来、大豆イソフラボンを使った化粧品やサプリメントがたくさん販売されるようになりました。
本当にイソフラボンには美容健康に効果があるのでしょうか?

女性は年齢とともに体内にある女性ホルモンがだんだん減少してきます。
40代後半以降、更年期と呼ばれる時期になると女性ホルモンは生成されることもなくなり、さらに減少することになります。

女性ホルモンには自律神経を安定させたり、骨を丈夫に保ったり、子宮や乳腺の働きを正常に保ったりといって、実にさまざまな働きがあります。
そのため、女性ホルモンの減少は女性の身体に大きな影響を与えます。

女性ホルモンの減少は体の中だけでなく、肌や髪の毛など目に見える部分にも影響を与えます。
女性ホルモンの中に含まれるエストロゲンという物質は、美肌の素とも言われるコラーゲンの生成を促す働きや、髪の毛の成長を促したり生長期間を持続させたりする働きがあります。
つまり、女性ホルモンが減少することによって、肌や髪のハリツヤがなくなったり、抜け毛が多くなったりするというわけです。

そこで注目されたのが大豆に含まれるイソフラボンという成分です。
イソフラボンが女性ホルモンの代わりの働きをするということが分かったため、美容と健康のために積極的に摂取する女性が増えました。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、味噌や醤油、豆腐、豆乳などを食べることで体内に取り込むことが出来る他、サプリメントでも摂取することが出来ます。
ただし、1日の摂取目安量は70mg~75mgのため、食事とサプリメントの両方を摂取すると過剰摂取になる恐れがあります。

また、過剰摂取すると乳がんのリスクを高めたり月経不順を起こす恐れがあるので、健康や美容にいいといっても摂取し過ぎは禁物です。

イソフラボンは大豆食品から摂取することができるので、安くて手軽な美容アイテムといえます。
バランスの良い食生活をしているのであれば、サプリメントで補う必要もないのです。

忙しくて外食が多いといった、偏った食生活をしがちな人や、更年期の症状が重い人などに限って、サプリメントでの摂取を検討するといいでしょう。